漢方薬

漢方薬とは

漢方による治療漢方薬は、病気そのものに対する西洋医学的治療薬とは異なり、病気を持っている体質などを根本から治すことを目的として作られた薬です。病気の原因を東洋医学的に探り、悪化原因を除去するための体質改善をめざします。即効性がある場合も多いものの、長期的な改善作用のため適切なタイミングで継続して服薬すると、体質改善がいっそう進み、症状がますます軽快する伸びしろが期待されます。
「漢方医学」とは、実は中国から伝来し、日本で独自に発展体系化された医学です。中国の伝統医学を元に体系化された中医学で処方される「中薬」と、日本独自の「漢方薬」とは内容が異なり、日本人には「漢方薬」が適しているといわれてます。当院では、西洋医学と東洋医学に精通した医師による診察をおこなっておりますので、安心して御来院ください。

西洋薬との違いは

通常、病院で処方される薬は西洋薬です。病名や症状が単一で明らかな場合は、その疾患に対して処方される西洋薬は非常に有効です。有効成分のみを分解抽出し合成作成している西洋薬は、世界的な臨床試験で多くの効果が立証された薬ですが、効果が強い反面、副作用も強くあらわれやすい特徴があります。抽出成分だけを化学合成して作られた西洋薬に対し、漢方薬は複合的な作用を有する自然生薬を原料として複数の生薬を古来から決まった比率で複雑に配合され作られ中医学では紀元前の時代より日本漢方でも平安時代までには使用がはじまり、永年にわたり安全に使用されています。身体の中の自然治癒力や免疫力を高めて、体質改善を図ることで治療していくのが主目的のため、個別の症状を抑える効果もありますが、それよりも、多種多様な症状を同時に改善することを得意とする特徴があります。体質的にこれから起きるであろうとされる起きていない症状を防ぐ効果(未病を治す)や、明確な原因が特定できない慢性疾患や自律神経失調症などの症状改善に特に有効とされています。

漢方は万能薬ではありません

漢方薬は、副作用がないわけでも、常に西洋薬よりも優れている、というわけではありません。副作用に関しては、西洋薬に比べて軽いというだけで漢方薬にも副作用はあります。漢方薬と西洋薬では、有効とされる得意分野が異なります。患者さまのつらい症状や体質によって、どちらが有効かを判断して使用しつつ、その効果をみきわめて西洋薬と漢方薬を適切に使いこなせる事が大切です。当院では、両者の使用に慣れた医師のみが治療をしておりますので、御安心ください。

漢方精神科

漢方精神科とは、心身疾患に対して漢方薬を処方し治療している診療科を言います。具体的には、頭痛や動悸、焦燥感、肩凝り、不眠、便秘、下痢、消化不良、集中力低下などの症状と精神不調とが合併している場合、西洋薬のみを使っても改善できないことがあります。漢方医学では、身体の不調や病気の原因を、気・血・水の「乱れ」と捉える考えがあります。そのため、ストレスなど気分や心の不調から起こる自律神経失調症などの症状改善に対しては、漢方薬の方が適しているとされます。患者さまの症状によっては、西洋薬単独での治療や西洋薬との併用が望ましい場合もありますので、当院では、漢方医学と西洋医学の両方の知識を有する医師が診療をおこなっております。

漢方薬にも保険が適用されます

当院で処方している医療用漢方薬では、健康保険が適用される各社のエキス剤を用いています。エキス剤は、生薬を予め煎じて抽出した、うわずみ液を乾燥して作った薬です。個別オーダーではなく、作用も煎じ薬より少し劣りますが、患者さまが何時間も煎じて作り、液体として保管する手間が省け、手軽に携帯できるのがよい点です。

ご来院いただいた後の注意点

漢方薬は概ね、胃が空っぽの時に内服すると効果が出やすくなり、食事の直前直後や最中などの内服は効果が減弱しうることが報告されています。 飲み込む為の液体は何でもよく、空のコップに漢方散剤を入れて熱湯で溶かし水などで薄め液体として飲む、とか、溶かす際にココア粉末と一緒に溶かしてミルクや砂糖を入れて味を変えて飲む、とか、ヨーグルトやゼリーにくるんで飲み込むなどでも良いとされています。 いずれにしても副作用などに注意しつつ、最大限の効果発現を目指して適時の継続内服に協力していただく治療同盟が必要となります。

住所 〒 617-0002
京都府向日市寺戸町ハノ坪122 洛西口クリニックビル3F
TEL 075-921-0757
診療時間表
9:00~12:00
14:00~18:00

:10:00~13:00

くれたにクリニック

  • 電車で
    阪急京都線「洛西口」駅から徒歩7分 -----(1)
    JR京都線「桂川」駅から徒歩9分 -----(2)
    (イオンモール南西側出入口から西へ約100m) -----(3)
  • バスで
    京都市営バス69系統・西4系統「高田町」下車、徒歩5分
    ヤサカバス1、2、3、4A、6号系統「高田町」下車、徒歩5分
    京阪京都交通12A、11A、22系統「洛西口駅前」下車、徒歩7分
  • お車で
    駐車場(14台)を用意しております
  • 自転車・バイクで
    駐輪場(52台)を用意しております

DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ